コンプライアンス

企業行動指針

双葉インターナショナルは、「企業行動指針」を定め、法令遵守はもとより、適性かつ公正な事業活動を継続していくための体制づくりに、かねてより取り組んでいます。
毎年、全社員から規範遵守の誓約書を取り付けることを通じて、全社員ひとりひとりに対して、法令順守のみならず、社会通念に照らして適切な行動を取るというコンプライアンス意識の徹底を行っています。

特に贈収賄に関しては、国内外を問わず、全社員が公務員又はこれに準じるもの(以下、公務員等という)に対する不正な接待・贈答・便宜その他の経済的利益を供与、申し入れ又は約束することを禁止します。
また、国内外の公務員等から不正な経済的利益の供与を要求された場合、全社員が毅然としてこれを拒絶します。

双葉インターナショナルは、全社員を挙げてのコンプライアンス活動を双葉インターナショナルのあらゆる企業活動の前提とするものであり、連結ベースでの企業価値向上を実現するための最重要施策のひとつとして捉えています。

これまで実践してきたコンプライアンス活動を基に、実効性のあるコンプライアンス施策のさらなる充実・強化を図っていきます。

コンプライアンス規定

  • 個人の尊厳を最重要視し、各種の差別・ハラスメントの根絶を追求する。
  • 取引遂行にあたっては法令等を遵守し公正を旨とし、取引相手ならびにその関連会社に 対しても同様の法令等の遵守を求める。
  • 環境・貿易ならびにコンプライアンスに関わる国際的な取り決めや条約を遵守する。ANTI BRIBERY CLAUSEおよびAUDIT RIGHTは当事者のみならず、関連企業にまで徹底されるべきであり、斯かる規定を書面にて確約出来ない相手は取引先としない。
  • 国内・海外の取引先に関しては、以下の手段により選定し、CSR室、又は社長の承認印を得た後に初めて取引を開始する。「インターネットによる調査」「業界内での評判を複数ソースから聴取」「複数の信用調査書を同時に吟味」「各方面の外部専門家の意見を聴取」。
  • 反社会的勢力との関りを持つ可能性が少しでも残る相手は取引先には絶対になり得ず、反社会的勢力に対する利益または便宜の供与は一切認めない。
  • 贈答・接待等は法令に違反することなく、かつ社会通念上妥当な範囲内でのみ行う。
  • 社内および社外の情報や第三者の知的財産権等の権利に関しては適切に行い、財務・会計に関する記録や報告は適時正確に行う等、社会ならびに会社の利益に反する行為は行わない。
  • 以上の規範に反するおそれのある行為については、速やかに社内にて規定された連絡窓口に報告・相談し、社長による迅速な対策を実施する。

コンプラアンス規約に関する細則

コンプライアンスおよび内部通報の体制図

コンプラアンス規約に関する細則

(平成29年5月26日 改版)